食事 頭抱える 女性

「ダイエットを決意したのについ食べ過ぎてしまう」
「体系をキープしたいけど、食事も楽しみたい」

三大欲求の1つである「食」は生きていくうえでとっても重要。

だから、ごはんを全く食べないのは非常に難しいんです><
中には、食の誘惑と闘いながらダイエットを頑張る人もいるでしょう。
でも結局勝てず、食べてしまうので意志が弱い自分にほとほと嫌気がさすこともあります。でもこれは普通のことなんですよ!
今回紹介するのは、食べるのは好きだけど食事制限はしたくない人にピッタリのカロリリーフです。

中でも重要視されているのがダイエット成功のカギを握る「ファビノール」で、カロリリーフの主成分となります♪

さっそく効果や特徴をみていきましょう!

1 カロリリーフのイチオシ成分

ファビノール

カロリリーフのダイエット効果には

  • 炭水化物をカットする
  • 新陳代謝を活発にする
  • 脂肪吸収を抑える
  • 糖の吸収を抑える

などがあります。中でも食べることが好きな人にイチオシの成分があります♪それがコチラ↓↓

炭水化物カット効果
▶ダイエットで必要な炭水化物カットを、ファビノールが徹底排除。無理な食事制限をせず、体内にファビノールを入れることでごはんやパンを好きなだけ食べることができます♪

貯蓄制御効果
ダイエットで欠かせないビタミンをこれでもかというくらい配合。体の中に入った糖質、脂質、タンパク質がエネルギーに変換されるのを助けたり促進したりします。また体内に蓄積される脂肪の量を極力
少なくすることも可能です♪

なぜこの成分が必要か?

①食事制限をしたくない人

ダイエットに重要なのは、カロリー管理を行うこと。
なのでスリムな体系にするためには、摂取カロリーを減らすことが大切です。しかし、運動や日常生活で消費するカロリーが食事で摂取したカロリーより少ないと、脂肪を余分にため込んでしまうんですね><だから、ダイエット効果が出づらくなるんです。しかし、カロリリーフを述べば、以下のデメリットをメリットにすることができます♪

  •  ごはん&パンが食べたい‥カロリリーフに含まれるファビノールが蓄積する働きを完全ブロック!
  •  運動不足‥運動によって落とされるはずの脂肪も、ビタミンB1、B2、、B6、によって防ぐことが可能!

さらにお肌の悩みにも効果抜群!↓↓↓

②ダイエットと一緒に美容効果も得たい人
 ダイエットをすると必ずといっていいほど、肌が荒れますよね。理由は、体内の栄養素が極端に失われてしまったからです。そうなると、生命維持の危険性があるため栄養がない部分(髪の毛や肌など)から栄養を補おうとします。だから肌荒れが起こるんですね~。

  •  肌質‥エイジングケア成分の1つ、コエンザイムQ10で酸化を抑制。シミやくすみの発生をブロックし、ダイエットをしながら美しい肌を保ちます★
  •  たるみがひどい‥ビタミンCやビタミンEの400倍に及ぶ効果があるαリポ酸で、ストレスや疲労によるシミやシワの改善に努めてくれます!

ちなみに、美容成分で有名なコエンザイムQ10は、脂肪と糖を使ってエネルギーに変換する能力を持っています。
さらに脂肪と糖の代謝促進アップ効果も期待できるため、より高いダイエット効果が得られます♪

2カロリリーフに含まれているファビノールが持っているその他の特徴は?

サプリメント管理マスターが配合バランスをじっくり考えてGIMPマークを取得している工場にて、白いんげんからファビノールを抽出。

さらに美容の悩みを解決する美容成分をプラスさせ、ダイエット×
オーガニックを目指せるサプリを完成させました♪

なので、内側からスッキリ&美肌が同時に得られます( ^)o(^ )

3 カロリリーフの他の成分

成分表主成分のファビノール、αリポ酸、コエンザイムQ10以外にも、葉酸やパントテン酸などダイエットに必要な成分が含まれていますね♪

4 カロリリーフに含まれている成分のQ&A

ファビノールは副作用ありますか?
デメリットとしては、糖質不足に陥ることです。なので内側から用法容量を守って、正しく飲みましょう。
ビタミン類を過剰摂取するとどうなりますか?
ビタミンの種類によりますが、ビタミンAの場合妊娠中の女性が過剰摂取すると流産や退治の奇形が発生する恐れがあります。そのため、妊娠中は飲むのを控えましょう。

5 カロリリーフ まとめ

ケナクス_まとめ

カロリリーフのイチオシ成分や、ダイエット効果、美容効果について書いていきました。
参考になったでしょうか?
カロリリーフを飲んで、キレイボディを手に入れましょう!

おすすめの記事